祝!花セラピストの資格を取って「就職が決まりました!」

2017/10/07

花セラピストの資格を活かして就職が決まりました!

花セラピストの学びの必要性がますます高まっています。
今回は、花セラピスト2級、1級を取得され、
見事!就職が決まった加藤 麻美さんにインタビューしました。

花セラピスト1級 / 加藤 麻美さん
201710071136_1-400x0.jpg

※写真は花セラピスト2級認定時に撮影

Q.この資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか?

A.自分にあうもので仕事がしたいと思ったから

以前は、パン屋でパンを作るお仕事をしていました。飲食のお仕事はハードでスピードも求められる職種です。そのなかで安定していたパニックの症状が再度出てしまったため退職。しばらく休養しながら「何か自分にあった好きなもので仕事に繋げられることはないかな?」と次の土台を考えられるようになり、私はもともと自然が大好きなので、植物や生花、そして人の役に立ちたい!と思いいろいろ調べていくうちに花セラピストの資格に辿り着き 一気に興味が湧いたのがきっかけです。早速、体験会に申し込み、花セラピスト2級を申し込みました。

Q.花セラピストを学ぶ中での就職活動について教えてください。 

A.人と花に関わる「花セラピスト」を活かしたい!とアピール!

まずは「花セラピストの資格を取ったらどう活かそう?」と考え、花業界か福祉業界かが頭に浮かび迷ってました。どちらも携わったことがないので協議会代表の青山先生はじめ、インストラクターの木屋先生、周りの方に相談しました。「私自身が一番しんどい時に支えて貰えたのが周りのこと人と自然の恵みだった…だからから今の自分がある」という気持ちが大きかったため福祉系に進むことに決めて「植物、福祉」をキーワードに職探しに走りました。そしてタイミングよく見つかりました。採用面接試験では、自分のこれまでの辛かった経験を乗り越えてきたことや現在認定花セラピスト2級、1級を勉強していることを伝え「だからこの仕事がしたいのです!」と強い想いをアピールしました。結果、嬉しいことに採用して頂きました! 

Q.今はどのような職種に就いていますか?働く中でこの資格を取って良かったと思うことはなんですか?

A.「花の癒しの本当の意味」を学ぶことができたから人をサポートする仕事に就けました。

業種は、障がい者就労サポートです。ハーブや葉もの野菜を育てながら周りの管理を任されています。植物を育てることに夢中になりすぎないよう、これからも私自身も一緒に成長していきたいとやりがいを感じています。花セラピストを学んで、再度自分と向き合う時間が出来たことに感謝しています。先ずは自分に余裕がないと周りも見えなくなります。誰かの役に立って働くことなどできませんよね!花の心理効果を知れば知るほど気持ちが楽しくなっていきました。創始者である青山先生が本当に伝えたい " 癒しの本当の意味 " をインストラクターの木屋先生が分かりやすく伝えてくださり、共感できたからこそ2級、1級と楽しく学べて資格認定を受けることができました。

Q.素晴らしいですね!加藤さんの将来の夢は何ですか? 

A.「花セラピストとして一人でも多くの方を笑顔にしたい」

花セラピストの資格を取ったことで更に視野が広がりました。今後は、心理方面についても学びたいと思いました。そして何より、花セラピストとして一人でも多くの方を"笑顔"にする、そんな存在で在りたいです。ヘアメイク、飲食の経験もムダにせず「花セラピスト+α」で自分のできる活動をしていこうと思っています。 国際花と緑のセラピー協議会、青山先生、教えて頂いたインストラクターの木屋先生、出会って下さった皆さんに本当に感謝しています。

花と花セラピストの学びにふれ、キラキラ輝く瞳で将来を語るご様子がとても印象的でした。加藤さん、ありがとうございました!これからも一緒に頑張りましょうね!


各地で花セラピストインストラクターが自分探し、自分磨きに最適な花セラピスト2級コースを開講しています。 皆さんも、後に続きませんか!

花セラピー体験会&花セラピスト各コース紹介は
こちら

【主な開催地】
宮城、群馬、茨城、栃木、埼玉、東京、神奈川、千葉、山梨、富山、
福井、石川、愛知、長野、大阪、兵庫、岡山、広島、高知、福岡、
佐賀、大分、長崎

これ以外の地域でも応相談によりご受講可能ですので、ご興味ある方は下記までご連絡ください。

お問い合わせ ← Click!
※平日、土日、お時間帯などご希望をいただけますとスムーズにご受講いただけます。


新しい一歩へ、新たなる世界の拡がりへと花セラピストを
お役立てください。

どうぞ、よろしくお願いします。

一般財団法人 国際花と緑のセラピー協議会